食のプロである弊協会理事がアテンドして、賛助会員のみなさまと共に話題のレストランを訪ねる食事会を定期開催します。
予約の取れないレストランに行けるという希少性だけなく、同行する理事からシェフのバックグラウンドやお店のコンセプト、料理の裏話など、業界人ならではの情報を全部出し。
ただの食べ歩きではない、食の楽しみを広げようという協会が目指すビジョンを一緒に体感いただきます。

新サービスは5月からスタート。
話題のイタリアン、老舗の日本料理、予約の取れないレストラン、その時だけのスペシャルコースなど、続々企画中。
こちらは月額5千円で参加いただける賛助会員向け専用の特典です。
これ以外にも、続々とスペシャルな企画を企画中です。

この機会に是非入会をご検討ください。

【賛助会員申し込みフォーム】

http://japangastronomy.com/membership#section-form

【主な食事会アテンド担当理事】

■柏原 光太郎
日本ガストロノミー協会会長
Retty TOP USER PRO、食べログフォロワー数全国2位(49 ,000人以上)。フジテレビ「アイアンシェフ」評議員なども務める。株式会社文藝春秋新規事業開発局長。文藝春秋に勤務し、グルメガイド「東京いい店うまい店」などの取材、編集などをするうちに料理の魅力にはまり、娘の幼稚園以来のお弁当を自分で作るようになる。

■“マッキー” 牧元 裕之
日本ガストロノミー協会副会長

「味の手帖」取締役編集顧問、タベアルキスト、食ジャーナリスト
年間外食数600食。全国・世界中を日々飲み食べ歩き、雑誌、Webラジオ、テレビなどでリポートする。連載に「味の手帖」、「食楽」、「おとなの週末」、「Tokyo Walker」、「MonoMaster」、「朝日新聞&」、「dressingぐるなび」、「FoodPort」、「食べログマガジン」、「高知満腹日記(高知家の〇〇)」。連載以外に、「ダンチュウ」、「週刊文春」、「婦人画報」、「BURUTAS」、「Hanako」など、多くの媒体にも寄稿中。
■大木 淳夫
「東京最高のレストラン」編集長

ぴあ株式会社メディア・プロデュース事業局チーフ・プロデューサー。日本初のプロによる実名評価本「東京最高のレストラン」編集長を2001年の創刊より務めている。その他の編集作品に、「なんでお店が儲からないのかを僕が解決する」、「グルメ多動力」(共に堀江貴文)、「東京とんかつ会議」(山本益博、マッキー牧元、河田剛)、「一食入魂」(小山薫堂)、「日本一江戸前鮨がわかる本」(早川光)、 「いまどき真っ当な料理店」(田中康夫)など。好きなジャンルは鮨とフレンチ。現在は、「テリヤキ」のキュレーター、Retty「TOP USER」、食べログ「グルメ著名人」としても活動中。「ZIP!」(日本テレビ)「みんなのニュース」(フジテレビ)等、メディア出演も多数。